ベッフィーの里帰り

こんにちは。森和田のあきたかです。


今回の豪雨の被災状況にニュース等で触れるたびに、同じ九州に住む者として心が痛みます。


まずは、被災された方々が少しでも前を向いて歩いて行かれることを今は祈りつつ、出来る支援を考えていきたいと思います。






さて、今回のテーマは




「ベッフィーの里帰り」❗






みなさんお気づきのように


ボクは弦楽器が好きで


ギターやフラットマンドリンやブズーキなどを弾きます🎵



特にギターとの付き合いは長く


小学校4年生の時に

「ビートルズのイェスタディを弾きたい❗❗」と思い


親父のクラシックギターをこっそり盗み弾きしながら独学で練習を始めたのが始まり。



小学4年生が10歳とすると…

かれこれギターとの付き合いは

…48年になりますね。



そんな半世紀近くの時間のなかで

ギターとも

いくつかの出会いや別れがありました。




そう…出会い❗






ギターに限らず


出会いって不思議なものですよね。





ボクの場合


ギターとの出会いは


特に不思議なものが多いです。



今ボクの手元にあるギターたちは


不思議な縁で結ばれたギターたちです❗



一本一本のギターにエピソードがあります。



タイトルにあった「ベッフィー」




これも


そんなギターのなかの一本の愛称です❗









昨年の12月


これからの生き方を考え…


学校の教師という枠を越えて


悩んでいる子どもたちや

その子どもたちの周りで悩んでいる大人たちのサポートを、ボクの経験や音楽というボクに与えられたスキルを使ってやっていきたい❗


…と考え


定年には2年ほど早かったんですが

早期退職を決心しました❗❗




ちょうどそんな時…



たまたま弦を買うために立ち寄った

楽器店の壁に


聞き慣れないメーカー名のギターが❗




買う気もなく


なんとなく眺めてたら…




佐賀市在住のクラフトマン手工のギター


『ベフニック』❗




…ん? ベフニック?






佐賀市在住のクラフトマンの手工品?



………………… あっ❗




そうだ❗❗




何日か前に

たまたまニュースで観た❗❗❗






そうなんです。


つい何日か前にテレビで


佐賀市在住のギタークラフトマンが紹介されていたのです。



オーダーメイドのギター製作にこだわっていて


オーダーさんの希望に細かく添った

素晴らしくいい音のギターを製作していると。



そのギターメーカーは

まさしく『ベフニック』❗



製作は、全てをたった一人のクラフトマンがおこなっているらしい。


オーダーさんの意に添う製作のため

量産は出来なくて


半年待ちとか?




そのときは

「ふーん」…と、気になりながらも

ぼんやり観ていたニュース。




そのメーカーのギターが目の前にあったんです❗




さっそく試奏させていただいたんですが…





「な、な、な、なんじゃこりゃーー❗❗❗❗」



これまでボクが感じたことのない音🎵🎵



指にしっくり馴染む感覚❗



ストレスをまったく感じない弾き心地🍀



…まるで



ずっとボクが弾いてきたような



ずっとずっと弾き続けていたいような



…とにかく



初めて味わう感覚でした❗❗





さっそく店員さんに詳しく聞いてみると



BEFFNICK(ベフニック)ギターは

合瀬 潤一郎(おおせじゅんいちろう)というクラフトマンによるハンドクラフト品。