top of page

さらば、青春の光

いつの間にか


セミが鳴かなくなって…






いつの間にか


暑い夏が過ぎ…







いつの間にか


季節が変わっていました。










みなさんはお変わりありませんか?


森和田のあきたかです😃










「いつの間にか…」








そう








いつの間にか



移ろい 変わっていく…











方丈記ではありませんが




ゆく川の流れは絶えずして


しかももとの水にあらず…









どんなに手を伸ばしても


元に戻せない❗









ボクにとって青春の光が




キラキラと輝いていた場所と




その光を思いっ切り受けとめてくれた人が










この秋







それこそ








「いつの間にか…」









静かに消えました。











その場所は


福岡の天神にある




Juke Records』❗







そして


『Juke Records』を経営されていた




松本 康さん❗













今をさかのぼること45年前






当時 東福岡高校の学生だったボクは



根っからのギター馬鹿で



くる日もくる日も


勉強もそこそこに


フォークだ❗ロックだ❗と


のぼせ上がっておりました😆








そんな中で


ボクが出会ったのが






我が音楽の聖地



『Juke Records』でした🎵







このレコード店は


洋楽・邦楽のブルースやロックやフォーク等


のマニアックな中古レコードを扱う


専門的なお店でした。







どうやってこのレコード店を知ったのか


今でははっきり覚えていないんですが






たぶん友だちが誰かから聞いたか


当時のラジオで情報を知ったかで






その友だちと日曜日に待ち合わせて


二人で行ったのが初めてだったと思います。






学ランで行ったことを覚えているので


秋から冬の季節だったのでしょう。







そのレコード店は


現在は場所が変わっていますが








当時は天神のど真ん中に


今でも開店している


「風街」という喫茶店の上にありました。









その喫茶店の脇にある


細い階段を登ったところのドアを開くと







右手に確か…







コーラとかを売っているボックスがあって






目の前の壁には


見覚えのあるレコードから




今まで見たことのないレコードのジャケット


がところ狭しと飾られていて





決して広いとは言えない通路と


壁側にレコードが並べられていました❗








そして…









奥の窓側のカウンターに





ひときわ背の高い



松本 康さんが



静かな笑顔で立っているという…








そんなお店でした。









高校一年生のガキみたいなボクには


少しハードルの高い雰囲気でしたが





レコードの品揃えは天下一品で


歌謡曲やポップスではなく


ディープなブルースやらロック…





はたまた



フォークにしても


街角では絶対に流れないような


マニアックなものがそろえてあって




当時のボクにとっては


夢の場所でした✨








このお店には


当時の博多のバンド(ロッカーズやモッズ等)の


メンバーや博多伝説のロッカー山善こと


山部 善次郎さんも通っていて


山下 達郎やメジャーで活躍している


ミュージシャンたちも来店していました。







憧れのギタリスト


鮎川 誠さんに会えたのも




『Juke Records』だったし





会わせてくださったのも


松本 康さんでした🎵







「あんたサンハウスがそげん好いとうなら


誠(まこ)ちゃんが今度来るけん


会わしちゃろう。」


※サンハウスは博多伝説のブルースロックバンドで康さんはメンバーと親しかった。






そんな感じで会わせていただきました✨









康さんは


誰彼かまわずべらべらとはしゃべらず





どちらかと言うと


口数の少ない


インテリな雰囲気を持っていた気がします。






でも






きちんと話しかけると


高校生のガキだったボクにも


きちんと対応してくださったし


大切なことも沢山話してくださいました。








中でもボクがよく覚えていて


今でも大切にしているやり取りがあります。









あれはボクが高校二年生で


一人で『Juke Records』に行った時





あれこれレコードを物色しているボクに


突然康さんが話しかけてきました。





「なんのレコード探しよると?」




ボク


「なんかパンクのカッコいいやつと


 ブルースのスライド系のでいいとが


 ないかなと思って…」



すると康さん


「あのくさ、パンクもいいばってん


 ギター弾きよるならパブロック聴かな❗


 ドクターフィールグッドやらパイレーツ


 やら聴いたことある?


 ギターのカッティングがすごいよ。


 ギターはどれだけ手数持って


 早弾き出来るかもいいけど、


 カッティングとカッティングの間(ま)で


 勝負出来るギタリストは


 そうおらんし、そんなギタリストが


 やっぱりカッコいいよ。



 大切なのは『間』よ❗


 

 ほら、これがそのレコード。」







そう言って2枚のレコードを


レコード棚から引っ張り出して


ボクに薦めてくださいました。











その2枚のレコードを購入したボクは


康さんに頼んで


お店でかけてもらいました。







初めて聴く


まるで機関銃のようなカッティングに


圧倒されているボクに




康さんは


「カッコいいやろ?人間もおんなじよ。


 べらべらしゃべるよりも


 言いたいことを必要最低限の言葉で


 相手の気持ちを動かす


『間』で伝えると相手に届くよね。


 やっぱり『間』よ。


 聴こえてないところが大切よ。」


とさらに語りかけてくださいました。








『間』(ま) かぁ…✨








女子とギターのことしか考えていないような


当時のお馬鹿なボクに


果たしてどれだけ届いたかは


怪しいですが





今でもこの時のやり取りを


覚えているということは


少なくとも


何か心に響くものがあったのでしょう。








そして今でも



『間』というのは






ボクの話し方や


演奏の仕方や


歌い方に



大きく影響しています‼️











そんな松本 康さんが亡くなられました😢









昨日


康さんの訃報と


『Juke Records』の閉店を知らせる葉書が


我が家のポストに届きました🍃








話が初めに戻りますが






それこそ







いつの間にか…







ボクの大切な場所と人が






思い出の中の自分と


今の自分の『間』(あいだ)に






ひっそりと幕を降ろした







そんな感じです😩









高校から大学時代


そして


学校の教師だった時期


さらに


森和田として音楽を届けている今…






ボクの半生に


松本 康さんと『Juke Records』が


確かに存在していました。







その人とその場所は


ボクを一瞬にして16歳に戻す


タイムマシンであり




音楽について自分と向き合える


唯一のゼミナールでした🎵







これからもボクは


ずっと音楽とともに生きていきます❗






その始まりの人と場所に


心からの敬意を表します❗❗








そして康さんのご冥福を


心からお祈り申し上げます。










ということで…



今回は何のメッセージ性もなく


ボクの私的な思い出話になりましたが




ここで故人の思い出を書くことが


何よりのご供養になるのではないか


という思いで


ブログにさせていただきました。




ここまで読んでいただき


ありがとうございます🙇




ではまた。


みなさんも体と心を大切にして


健やかにお過ごしください😊































最新記事

すべて表示

和訳

Comments


bottom of page