腰まで泥まみれ


森和田のあきたかです。


今回のテーマをご覧になって


「おっ❗」と思われた方は


結構なフォークソング(あんまり好きな表現ではありませんが)通ではないでしょうか?





『腰まで泥まみれ』というのは


曲のタイトルで





実は 最近 ボクの頭に


たびたび


この曲が浮かんで来ては


ボクの脳ミソを


ぐるぐると


かき回しているんです😵🔊







この曲は1969年に


中川五郎というフォークシンガーが


アメリカ(合)のピートシーガーというフォークシンガーの曲を和訳して歌われた曲なんですが…



ボクがこの曲と出会ったのは


1975年 


ボクが中学1年生の時❗




当時、思春期のボクは


なにかとイライラしてまして…


特に権威や権力(大人とか)といったもの


はたまた


体制側にあるものに対して


やみくもに反発を感じておりました💢





そんなある日


地元駅前の


小さなレコード屋さんの入口に


段ボール箱に雑に詰め込まれたレコード


を見つけまして…


段ボール箱にマジックで


「どれでも一枚100円」


と書いてありました。


当時でもレコードは高価で


LPレコードは2000円くらいしました。


それが100円ですよ❗


近寄って中をごそごそ…


なんとな~く気になったレコードを2枚


1枚は

斉藤哲夫の「君は英雄なんかじゃない」


もう1枚は

中川五郎の「終り はじまる」


(どうやらURCというレコード会社の中古販売だったらしい…)



で…


この後者の「終り はじまる」


というレコードの中に


「腰まで泥まみれ」という曲が


ありました❗




有名な曲なんで


ご存知の方も多いと思いますが…


その曲の歌詞は次のようなものです。





むかしぼくが優秀な軍隊の隊員だった時 月夜の晩にルイジアナで演習をした 隊長はぼくらに河を歩いて渡れと言った

ぼくらは膝まで泥まみれ だが隊長は言った進め!  隊長危ない引き返そうと軍曹が言った  行くんだ軍曹俺は前にここを渡ったぞ ぬかるみだけど頑張って歩き続けろ

ぼくらは腰まで泥まみれ だが隊長は言った進め! 隊長こんな重装備では誰も泳げません そんな弱気でどうするか俺についてこい わしらに必要なのはちょっとした決心さ

ぼくらは首まで泥まみれ だが隊長は言った進め! 月が消え溺れながらの叫びが聞こえて  隊長のヘルメットが水に浮かんだ みんな引き返そうと軍曹が言った

ぼくらは泥沼から抜け出して 隊長だけ死んでった 裸になって水にもぐり死体を見つけた  泥にまみれた隊長はきっと

知らなかったのだ 前に渡ったよりもずっと

深くなってたのを

ぼくらは泥沼から抜け出した 進め!と言われたが  これを聞いて何を思うかは

あなたの自由だ  あなたはこのまま静かに

生き続けたいだろう でも新聞読むたび蘇るのは

あの時の気持ち

ぼくらは腰まで泥まみれ  

だが馬鹿は叫ぶ進め! ぼくらは腰まで泥まみれ  

だが馬鹿は叫ぶ進め!

ぼくらは 

腰まで 

首まで  

やがてみんな泥まみれ だが馬鹿は叫ぶ進め!!





いかがですか?




前にも書いたように


反抗期真っ只中の


イラついた中坊のボクには



69年当時のベトナム反戦を訴える


このメッセージ性の強い


プロテストソングは


めちゃくちゃ


心に響くものがありました❗❗







もともと『腰まで泥まみれ』は


前述のように


アメリカ(合)の社会活動家であり

プロテストソングのパイオニアでもある

ピート・シーガー作の


『Waist Deep In The Big Muddy』


が原曲です。





色んな説がありますが


朝鮮戦争中に起こったリボン・クリーク事件をヒントにつくられた曲と言われています。



それは…










ある部隊がサウス・カロライナ・バリス島での軍事訓練中





リボン・クリークという湿地帯に迷いこんでしまいました。







ところが






行軍教官は引き返す事なく行進を命じ




その判断ミスにより数名の新人隊員を溺死させたしまったという事件です。







つまり


この曲が訴えているメッセージは




愚かなリーダー

やみくもに追従して行くことへの

今の世の中の危険性」




ですよね!?







ここで和訳の歌詞を


もう一度読み返してみてください。






………………………❗










そして 今


ボクや


これを読んでくださっている


みなさんが


生きているこの世の中を


見つめ直してみませんか?






ボクも58年間生きて来て

今は、ただただ

世の中に反発しているだけの

お馬鹿な中坊ではありません。




そんなボクの心に


この「腰まで泥まみれ」という曲が


ふつふつとよみがえって来ている

ということには


何か意味があるんではないかと感じていているところです。






…とは言っても


ボクは


社会活動家でもなければ


何かの運動家でもないので




「さぁ

みんな立ち上がれ❗❗」





などと言うつもりはありません。






ただ





「これを聞いて何を思うかは

あなたの自由だ…」





です。







こんな不安定な世の中だからこそ


「自分の生き方を

見つめ直してみるきっかけにしてみても

いいんじゃない?」





…と




『腰まで泥まみれ』という曲が


訴えかけて来ているように思います。






秋の夜長


オンライン飲み会の


話題の一つに


いかがでしょうか?





ちなみに


この曲は2015年に


元ちとせさんが


カバーして歌っていました。


そちらでご存知の方も


多いかも知れませんね。






ではまた


みなさんお元気で❗❗❗





#森和田 #moriwada #こころミュージックcafe #アイリッシュ音楽 #中川五郎 #ピート・シーガー #腰まで泥まみれ #フォークソング #生き方 #コロナ後の世界 #枠を外す


22回の閲覧

©2020 by moriwadaこころミュージックcafe。Wix.com で作成されました。