立場で人は変わる?

更新日:3月13日

こんにちは🙇 森和田のあきたかです😃




ウクライナとロシアの戦争が 日々激しさを増しています。







嫌でも入ってくるニュースに 心は痛むばかり…😢









そんな中 昨日テレビのニュースで



ウクライナ国民の死亡者数が 「子ども」を含め○○人と流れた後 ロシアの指導者の映像が映されて📺






その時 ふと… こんな詩が頭に浮かんで来て 手帳に書きとめました。










立場って 何もかもチャラにしてしまう力

立場って 素敵な思い出も無しにしてしまう力 きっと 北のあの人も お母さんの温かいスープに 心をほぐしたことがあったろうに


立場って そんな心の機微さえ 無かったことにしてしまう 力なんだろうか?







話は変わるようで変わりませんが… ボクは個人的に OB会ってやつが嫌いというか 苦手です😫




いつまでも先輩面を したり されたり…




とっくに退職しているのに その時だけは かつての役職や立場を 振りかざせる❗




そんなOB会が やっぱりボクは苦手です。





役職や格付けが あるとかないとか…



歳が 上とか下とか…



様々な目に見える権威にすがって いつまでもちやほやされていたい人の なんと多いことか。




そして人は 役職や肩書きなどで


相手よりも 立場的に上に立てたと認識した時


それまでの自分を 一変させることはよくあります❗







ボクはもともと教師だったので 教頭や校長になったとたんに 立場をかさに豹変した方々を 何人も見て来ました💦




人は弱い生き物ですよ。 人は悲しい生き物ですよ。




他者からはっきりと認識できる 立場や権威にすがらないと


世の中に認められていないように 感じてしまうんでしょうか?





その上 偉くなった方々は 他者にまで 「お前も頑張って私のようになれ❗」 と押し付けて来ます。




「いらん世話たい💢💢💢」




あっ失敬💦 過去の古傷で 感情的になって…😫 自分を見失うところでした😅








話を戻しましょう。



現在のロシアの指導者も かつて激動の ペレストロイカによる ソビエト連邦の崩壊を乗り越え


国民と共に 新しいロシアの構築に 汗を流して来たはずです。





それが… 何年もの間 大統領という『立場』を 不動のものにし




その『立場』に 安住してしまった結果が



今回の「暴挙」に 繋がっているように思うんです。





彼にも… 愛に包まれた 子ども時代があったでしょうに🍀




真の自由を 同胞と共に目指した時が あったでしょうに✨



何が彼を この戦争に走らせたのでしょうか?




どれだけの子どもが 傷つき死んでも




どれだけの人々が 自由を奪われても



彼の心は痛まないのでしょうか?




大統領という『立場』は



それほどまでに 強力な鎧となって



人の心を 覆い隠してしまうものなのでしょうか?








実は先日

ボクは妻と一緒に 「地の時代」からの卒業式 というのをやりました❗





妻の大好きな 大木ゆきのさんのブログで



「地の時代」から 「風の時代」へ向かうための 決意を固めましょうという呼び掛けに 応じてやったものです。




何も大袈裟ではなく 何も難しいものではありません。




「地の時代」までは 目に見える物質的なもの


例えば お金や物や役職や地位などなど… に支配されて



それらを どれだけ手に入れ どれだけ持っているかで 豊かさがはかられて来ました。




でも…




これからの「風の時代」は そんな物質的なものは 何の役にも立たなくなります。




もっと一人ひとりが 自分の意識を大切にして 自由に生きることが大切になる時代です。


だから卒業式というのは

「私はもう  肩書きや立場やお金や外見の豊かさには  振り回されません。

 私はこれまでの物質的な豊かさから  今日をもって卒業します❗

 そして自分自身の在り方と生き方を

 大切にして

 何物にも縛られず自由に生きて行きます❗」 と宣言するだけです。



それは 今の森和田の在り方と生き方 そのものだなぁと 宣言し終わった後 妻と二人でしみじみ思いあいました。




と同時に…




現在ウクライナとロシアの戦争は





まさに 「地の時代」の在り方と生き方を 象徴しているようにも思いました。



時代は目に見えないところで 確実に変わっているのに




いまだに 過去の遺産としての 立場や権威を振りかざしている 指導者たちの様は



何とも 滑稽であり


何とも 情けない姿に映ります😥



力にしがみつく時代は終わりですよ❗



これからは 愛と自由の時代ですよ🍀




この戦争は そんな過去の時代の 最後のあだ花のような気がします。 …ん❓ もしかしたら… ウクライナとロシアは



自分たちの身を切って 愚かで退廃的な姿を 敢えて世界に晒すことで




これまでの過ちと これからの目指す先を



ボクたちに問いかけ





共に進んでいくことを 促しているのかも知れませんね。








だとしたら




ボクたちは ただ批判して終わるのではなく


大いなる学びを 一人ひとりが受けとるべく



「学ぶ」 という意識を持って





この戦争を 見ていく必要があるのではないでしょうか?



歴史は繰り返すというけれど 繰り返してはいけない歴史も あるはずです。


さて みなさんも



今回の戦争には 様々な思いがあることと思います。




時代がどう変わっても 起きる出来事には その時々と その時代の人々にとって




必ず 起きる意味があります。





ボクもしっかりと現実を受け止め 気づきと学ぶ姿勢で 世界情勢を注視して行きます。






そして みなさんと一緒に 森和田も成長していきたいと思います。



長くなりましたが 読んでくださり ありがとうございました🙇




ではまた。 お元気で😄



☘️お知らせ☘️


3/26 もりわだんちにて、

わくわく歴史講座✕ほっこり音楽会です。


「戦争と平和」

戦後〜ベルリンの壁崩壊までをテーマに


これまでの先人たちの足跡から

これからの歩き方を考えてみたいと思います。


いつもより音楽多めです🥰


イベントの詳細はこちら

閲覧数:148回0件のコメント

最新記事

すべて表示