top of page

もう5周年!まだ5周年!!

いやはや…


なんとも暑いですな💦


みなさんいかがお過ごしですか?





バテていませんか?


こちら少々夏バテ気味の


森和田のあきたかです😃








さてさて



タイトルに書いたように





この夏


7月21日をもって


森和田は5周年を迎えました🎉🎉🎉









思い返せば…


5年前の7月21日






ボクと妻なつみは


博多駅近くの


とある居酒屋で






片手に焼き鳥


片手に芋焼酎を握りしめ





「一緒に音楽🎵をやっていこう❗❗」


と息巻いたのであります😆









どういう流れでそうなったのかは


はっきり思い出せませんが…






とにかく






「これからの世の中には


 音楽が必要なんだ❗」





という使命感






…みたいなものは 微塵もなくて








「なんかァ 二人で音楽やっていったらァ


 なんかァ 楽しいんじゃネ⤴️」




みたいな軽い感覚だった気がします。










森和田というグループ名も






「森田と和田を合体させたらァ


 面白いんじゃネ⤴️」




みたいなノリでして😅








いやはやなんとも


申し訳ありませんね🙇









でも


それから間もなく







入籍する時期のことや


教師という仕事を


このまま続けるべきか否かなど






これからの自分たちの生き方を


問われる状況を迎えることになり








自分たちを真剣に


見つめ直し合っていく中で










「自分たちができる音楽を


 何かこれからの世の中に役立てたい❗」




という思いが芽吹き









不確かで


何一つ形を成してないけれど





小さな「森和田」という命として





「トク💓…トク💓…」と




脈を打ち始めたんです。










その頃は


先にも書いたように






森和田でこんなことをやろうとか


あんなこともできるんじゃないかとか




具体的なものは何一つありませんでした。






ただ






「音楽」のもつ


計り知れないエネルギーだけは


二人ともはっきりと感じていたし




そのエネルギーを


二人で信じることはできました。








だから


教職を二人で退職して





森和田の活動で生き始めた時も




世の中がコロナパンデミックに陥った時でも






根拠のない自信に導かれて




ストリートであろが


森の中であろうが


どんな状況であっても






心から楽しみながら


音を奏でることが出来ました。






そう❗



「音楽」って



「音」を「楽しむ」って書きますよね?







森和田が奏でる「音楽」って


これまでも


これからも


ずっとずっと



「音」を「楽しむ」



でありたいと思うんです🎵












森和田は二人とも


もともと学校の教師でした。








振り返ってみると



学校でボクたちは



「音 楽」を





「音 学」にしてしまって






本来


音を楽しむことから


子どもたちを遠ざけてしまってたのかも😫









ちゃんと演奏できているか?


ちゃんと歌えているか?


音楽のテストで何点とれたか?などなど…







特に中学校で勤めていたボクは


「評価」という枠で





音楽本来の素晴らしさや楽しさを


わからなくしてしまっていたのかも


しれません😫






まぁ学校というところは


そういうところなので


仕方ないのかもしれませんが…💦









たとえ


楽器を弾くのが苦手であろうが


歌を歌うのが苦手であろうが





「音」を「楽しむ」ことは


誰にでも出来るんじゃないかと


森和田は思っています。








そんな感覚や思いを乗せて


森和田という「音の船」は


5つの海を越えて来ました。







色んな方々の


「ご縁(えにし)」という波に運ばれて





出会いも


別れも繰り返しながら





「どうせうまくいく」という星をめあてに


「行き当たりバッチリ」という港をめざし



今日もゆっくりゆっくり


進んでいます🚢








おかげさまで



今年に入ってから



特別支援の視点を踏まえた


子どもから大人の方々向けの


音楽療法のお仕事や






家庭学級での


お父さんやお母さんたち向けの


命のお話と音楽の講演や


わくわく歴史講座の出前講座などなど






素敵なお仕事を


沢山いただけるようになりました✨







つい先日は


宗像市社会福祉協議会主催の


夏休みの子どもたち対象の


ジュニアボランティアスクールを


企画・実施させていただきました。





応募してきた子どもたちが


自分たちで考え


自分たちで動き


周りの大人の協力を得ながら






目が見える人も見えない人も


耳が聞こえる人も聞こえない人も


どんなに体が不自由な人も





誰もが楽しめる「バリアフリーコンサート」


を子どもたちが実際に開催する


という講座です。





子どもたちは2日間で作り上げました😆









子どもたちのパワーは


すごいです✨







社会福祉協議会の方々のご尽力で




多くの方々が


コンサートに来てくださり




森和田の「元気力発電所」という曲に


子どもたちが


自分たちで考えた手話をつけて披露したり







最後には


会場のみんなで


森和田のテーマソング


「光のポルカ」の手話歌をやったりと






森和田も感激の嵐😆


感動しまくらちよこでした😭








そしてこのコンサートには



森和田のお友達の


くみこさんやまりさん


ろう劇団博多のレオさん


素敵な音楽グループのココペリーナさん


手話サークルの方々など



沢山の方々の協力がありました✨








こんなに素敵な方々との


「ご縁(えにし)」の中で


仕事をさせていただけて



森和田は本当に嬉しいです🍀





そしてさらに森和田が嬉しいのは…







自分たちのことだけではなく



森和田自身も



上に書いた方々含め


出会う方々の船を進める


風や波になれていることを


最近


実感出来るようになっていることです。








5年前




まだまだ不確かな


どろどろしたアメーバみたいな




でも


「音楽で誰かを元気にしたい」


という思いの塊だけで生まれた



「森和田」は







5年たった今


こんなに素敵な仲間たちと





少しずつ


漠然とした思いを形にしながら


確実に進んでいます❗🎵







これまで応援してくださった


全ての人・もの・ことに


心から


『感謝します🙇』







そして






これから応援してくださる


全ての人・もの・ことに


心から


『感謝します🙇』







ではまたどこかで



みなさんとお会いできることを



楽しみにしています✨



お元気で👋


↑2018年9月の森和田


↑2019年2月初あゆたり



↑2023年8月 家庭教育学級講座にて



♪♪♪お知らせ♪♪♪


森和田8月の出没情報







ラジオも聞いてね♪
























最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page