さるのわくせい

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

森和田のあきたかです。




暑い日が続いていますが




ふと


空を見上げると



入道雲にまじって


すじ雲が❗





季節は確実に秋へ向かっていますね。





さて、先日テレビで懐かしい映画が放送されていました。



猿の惑星』です。



ちらっと観ただけでチャンネルを変えましたが…



ボクは小学生の頃に、学校の映画鑑賞会で観ました。




皆さんはご覧になったことがありますか?



1968年の作品で、チャールトン へストンが主演。



高等な頭脳を持つ猿が支配する惑星に、地球人が行ってしまう映画ですよね。

(詳しくはWikipediaを参照して)


さらに、実はこの映画


今で言うところの「特殊メイク」の先駆け的な作品なんですよ。




ご存知でしたか?




俳優たちの顔に直接色んな素材で肉感的なメイクを施し、

まばたきや口の動きもリアルに出来るようにしています。




小学生のボクも、そのリアルさに驚いたのを覚えています。





で❗





ふと思い出したエピソードがありまして…




以前、本で読んだか、誰かに聞いたか忘れましたが




『猿の惑星』製作の裏話で…





特殊メイクは1968年当時は前例もなく相当な費用もかかりました。






が、しかし❗






監督は特殊メイクにこだわった上に




ななななんと…




主役級の俳優から、

エキストラの一人一人に至るまで、

特殊メイクを施したそうです❗



リアルさを追及されたんでしょうねぇ。




なので



莫大な費用がかかる上に



メイクにもメチャクチャ時間がかかったそうです。



そうなってくると



当然、待ち時間も長くなってくるわけで…



出演者は、ひたすら待たされることになります。




そんな待ち時間に




面白い光景が❗





当時、出演者には色んな人種の方々がいらっしゃいまして



メイクの順番を待ってる間




なぜか…





白人の方々は白人の方々で集まり



黒人の方々は黒人の方々で集まる。



当然、黄色人種系は黄色人種系で集まり



タバコを吸ったり、おしゃべりをしている。




「皆さん、人種ごとに分かれてくださいね」

なんて、誰も言っていないのに



なぜか、自然に分かれてしまってたんだそうです。






そのうち、一人また一人とメイクが終わり…



その場の全員のメイクが完了し…



全員が





そう❗




全員が『』になると❗❗





なんと、メイク前まで


人種で分かれていたグループが


完全に消滅し




『猿』という一つのグループになって



お互いのメイクを評価し合ったり



おしゃべりし合って、

楽しく出番を待っていたということです。





面白いエピソードだと思いませんか?