いつか咲く~出会いの素晴らしさ~

こんにちは。

森和田のあきたかです。




こないだまで


つくつくほうしが最後のひと鳴きに


励んでいたかと思いきや…


朝夕めっきり冷えて来て


ずいぶんと秋めいて来ましたね🍁







さて


今回のテーマは「出会い」です。






この度ボクは


10月15日に


とある講習会で


人権学習講座の


講師をやらせていただきました。





講習会名は



『ファミリー・サポート・センター

おおのじょう

おたすけ会員養成講習会』



ファミリー・サポート・センターっていうのは


地域の中で「子育てのお手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、育児を助け合う有償ボランティア組織で



『おたすけ会員養成講習会』というのは


下記のような場合 ・保育所などへの送迎 ・学校放課後、保育所終了後などの預かり(おたすけ会員宅) ・おけいこ事への送迎 ・用事で出かけなければならないときの預かり ・気分転換(映画・美容院など)に出かけたいときの預かりなど

また ・病気の子ども ・急な残業などの緊急時 ・出張など(宿泊を伴うとき)


などなどに


子どもを預かってくれる人(おたすけ会員)を養成するための講習会です。






実はこの講習会の講師を


ボクは


もう10年近くやらせていただいています。



そのきっかけも


不思議なご縁というか


素敵な「出会い」から始まりました。





あれは確か2005年だったか…



当時、ボクは宗像地区の福間中学校(福津市)で教師をしていましたが


なんの采配か


4月の人事異動で


筑紫地区


大野城市立大野中学校に行くはめに


あっ、


行くことになりました。




まぁ他地区間交流というやつですか?


でも遠いし… 知り合いもいないし…




ボクは


しぶしぶ 


まるで島流しにされたような気持ちで


大野中学校へと赴任しました。





当時、筑紫は教育先進地区で、


どこの馬の骨ともわからないボクへの


まるで「厄介者」のような視線を


ひしひしと感じておりました。




まぁそんなことは始めのうちだけで


お馬鹿だけど、やる気満々のボクの姿で


先生方にも受け入れてもらえましたし


生徒や保護者の方々とも


すぐに打ち解けて


遠いけど、充実した毎日でした。






ただ






部活動で


柔道部を担当することになりまして…😱






やったことないし😫




生徒は「頑張るんで朝練させてください❗」とかいうし😫😫






で…



ボクも当時はまだまだパワフルだったんで


外部コーチを付けてもらった上で


生徒たちに


「お前たちが頑張るなら朝練をやる❗

ただし遅刻者がでたら中止するけんな。先生も絶対遅刻せん❗❗

7:30に練習開始出来るように❗❗❗」



と、言ってしまったんです。












…てなことで、



宗像から渋滞する下道を

1時間半近くかけて通勤するため



ボクの起床は毎朝4時となりました😵








そんなお馬鹿な、突っ走り教師のボクを


部員の保護者の一人が


あまりにも気の毒に思われてか?


色々と助けてくださいました。



練習試合や中体連大会のサポートに


部員生徒の送迎。